農林水産大臣認可 事業協同組合 JY 全国焼肉協会

清水麗子さんのレシピ公開 2016年4月掲載

旨みたっぷり アサリの粥

旨みたっぷり アサリの粥
旨みたっぷり アサリの粥

日本では病人食のイメージがありますが、韓国料理のお粥は前菜のひとつ。
アワビや松の実などの高級食材を使うお粥があるほどです。
今回はアサリで作ってみましょう。高価なアワビよりも手軽に作れて、味もひけをとりません。
香ばしく仕上げるために、お米を炒めるのが隠し技です。少しもち米を混ぜると、とろみが増しますよ。
貝のコクがしっかり効いている、立派な一品料理です。宴会料理に加えてみてはどうでしょう。
やさしい口当たりですから、お酒の後の締めにも喜ばれます。


[材料]
アサリ・・・・・1kg
米(洗った後1時間程浸水し、ざるにあげ水分を切る)・・・・・150g~180g
水・・・・・7カップ

[調味料]
塩・こしょう・・・・・適宜
ごま油・・・・・大さじ1
にんにく・・・・・少々
日本酒・・・・・大さじ1弱
[彩り]
もみのり、卵、三つ葉


[作り方]
①  鍋に、砂出ししたアサリと水7カップを入れ火にかけ、沸騰したら、弱火で20分ほど煮た後、火を止め、アサリをザルにあげ、身を取り出し(だし汁は取っておく)包丁でざっくり切る。
②  熱した厚鍋にごま油をひき、あさりのむき身とにんにく、日本酒の順で2~3分炒めたら、米を加える。少し焦げ付くかもしれないが、よく炒めた方が美味しく出来あがるので怖がらずに、キツネ色になるまで10分ほどよく炒める。
③  ②の中に、取っておいたアサリの出し汁を加え、沸騰したら弱火にし20分~30分煮た後、最後に塩とこしょうで味を整える。
④  温めた器に粥を盛り、好みでもみのりや、卵、三つ葉などを彩りよく飾ってもよいでしょう。