農林水産大臣認可 事業協同組合 JY 全国焼肉協会

清水麗子さんのレシピ公開 2017年10月掲載

目を引く一品! 古代米のチヂミ

目を引く一品! 古代米のチヂミ
目を引く一品!
古代米のチヂミ

黒いチヂミ、めずらしいでしょう?古代米の色です。
私は古代米や雑穀が好きで、うちの店のランチでは、白いご飯か、11穀米ご飯か、お好きなほうを選んでいただいているのです。
米粉のパンやお菓子がブームですから、チヂミもお米で作ってみました。
ふんわり、サクッと焼きあげるには、ごま油を惜しまず、天ぷらを揚げるくらいのつもりでたっぷり使います。
よく見てください、黒いだけじゃなく、いろんな色の野菜が入っています。
韓国料理の基本は「五味五色」。たくさんの色の食材を使って、栄養バランスの良さをアピールしてください。


[材料]

古代米(黒)・・・・・1/2カップ
ニラ(青ネギでも可)・・・・・0.5束
人参・・・・・50g
かぼちゃ・・・・・40g
エゴマの葉・・・・・4~5枚
赤プッコッチ・・・・・1本
ごま油・・・・・適量
ミンチ(牛か鶏)・・・・・大さじ1

[調味料]


チヂミの粉・・・・・1カップ
溶き卵・・・・・1ケ分
だし汁又は水(古代米をミキサーにかけたものを含めて)1.5カップ
砂糖・・・・・ひとつまみ
薄口しょうゆ・・・・・小さじ1
ニンニク・・・・・少々


[作り方]
  1. 古代米は洗って1~2時間水に漬けた後、水かだし汁1カップでミキサーにかける。
  2. ニラは4~5cm長さに切り、人参・エゴマの葉・かぼちゃ・赤プッコッチは千切りにする。
  3. ミンチは炒め、塩コショウで味付けする。
  4. Aをボウルに入れ、よく混ぜ合わせ、①と②③も加え、軽く混ぜる。
  5. フライパンにごま油を引き、タネを3分の1量とり薄く広げ、中火で焼く。
    焼き色がついたら裏返し、さらにごま油を縁から加え、フライ返しなどで抑えながら、出来るだけ薄く焼く。
*生地が硬いときはときは、出し汁で伸ばしてください。 一口サイズに切り、チョカンジャンをつけていただく。

チョカンジャンの作り方

[材料]
しょうゆ・・・・・大さじ5
酢・・・・・大さじ2
おろしにんにく・・・・・少々
粉唐辛子・・・・・大さじ1
わけぎ(みじん切)・・・・・適量