農林水産大臣認可 事業協同組合 JY 全国焼肉協会

清水麗子さんのレシピ公開 2017年5月掲載

大皿盛りで宴会に! 韓国風手羽先の煮付け

タラの旨みがしっかり溶け出した プゴクッ(メンテスープ)
大皿盛りで宴会に!
韓国風手羽先の煮付け

韓国料理は牛肉、豚肉がおなじみですが、鶏肉もよく使います。
鶏の足指を辛く味付けした「タッパル」というメニューもあるほど。
見た目はグロテスクですが、弾力のある食感でコラーゲンたっぷり。
韓国ではスナックのように食べるのです。
「タッパル」にくらべれば、手羽先は手に入れやすく、下ごしらえも楽です。
 ポロポロと身がほぐれるほどやわらかく、ご飯ともビールとも相性ぴったり。
 お店で提供するなら、大皿に盛り付けて宴会料理の目玉にしては?
 パセリのみじん切りを散らしたり、ミントの葉を飾れば、いっそう豪華になりますよ。


[材料]
手羽先・・・・・10~15本
しょうが(薄切り)・・・・・20g
濃口醤油・・・・・100cc
だし醤油・みりん・・・・・合わせて100cc
酒・・・・・50cc
水・・・・・200cc
コチュジャン・・・・・大さじ2
酢・・・・・大さじ2
おろしにんにく・・・・・少々
黒砂糖または砂糖・・・・・少々
タカの爪・・・・・3本
水あめ・・・・・大さじ1


[作り方]
① 手羽先は太い部分を包丁で開き、コショウ・酒・ニンニク(各少々)をよく揉みこんだら、3時間くらい寝かしておく。
② ①の手羽先に片栗粉をまぶし、油で揚げる。
③ 鍋に水あめ以外の調味料を入れ火に掛け、沸騰したら、手羽先を加え中火で30分煮る。
④ 最後に水あめを加え、焦げないように上下を返しながら更に5分煮る。
⑤ 大皿に盛り付け、パセリのみじん切りやミントなどを散らし飾る。