農林水産大臣認可 事業協同組合 JY 全国焼肉協会

清水麗子さんのレシピ公開 2016年6月掲載

常備菜 プッコチュの味噌漬け

常備菜 プッコチュの味噌漬け
プッコッチの味噌漬け

プッコッチは赤く熟す前に収穫した青唐辛子のこと。
香りがよく、ピリッと辛い、韓国料理に欠かせない香辛料です。
生のまま味噌をつけてかじったり、きざんで薬醤(ヤンニョム)に入れたり、煮魚、炒めものにも使いますが、これは、ちょっとマイルドに仕上がる味噌漬けです。
漬けてから3ヵ月後あたりが食べごろ。浅漬けが好みなら1ヵ月後からでも。
お酒のあてや、ご飯のおかず、サラダやスープの具にも使えます。
辛味が溶け込んだ味噌は、サンチュに添える味噌に混ぜたり、チゲや鍋も作れます。常備しておきたい一品です。

[材料]
プッコッチ…500g
合わせ味噌…350g
みりん…2~3カップ
※やわらかい味噌にしたいときはみりんを多めに
すりおろしニンニク…適量

[作り方]

① プッコッチはよく洗い、ふきん等で拭いておく。
② プッコッチの中まで味噌が沁みるように、ピックかペティナイフで3カ所ほど穴を開ける。
③ 味噌とみりんをよく混ぜ合わせる。
④ 深めの容器にプッコッチと③を交互に重ねていき、最後に味噌をかぶせる。
⑤ 防腐のため、味噌の表面(空気にふれる部分)にすりおろしニンニクを塗り広げる。